P
A
G
E

T
O
P

PIARYペーパーアイテムコレクション

リボンの結び方

リボンの結び方

リボンやひもの結び方は特に決まりがありません。招待状が封筒に入る範囲で自分なりのアレンジをしてみると良いかもしれません。
ここでは基本的なリボンの結び方をご紹介します。

リボンの結び方(平行結び)

蝶々結びを作ったら、輪っかになっている部分をひっぱり、輪っかをほどきます。

反対側も同様に、輪っかをほどきます。

長く飛び出している部分をカットして完成です。
※この時、同じ方向からハサミを入れるとオシャレな見た目に仕上がります。

完成例
完成例

※動画にてご確認頂けます。

リボンの結び方(無垢)

図のように、商品の後ろにひもを配置します。
※以降、右先端をA、左先端をBとします。
※識別しやすいよう、AとBでひもの色を変えて説明します。

AとBを、Bが上になるように交差させ、BをAに巻くように下からひもを通します。

同様にBを2回通し、AとBの両側を持ち引っ張ります。

先ほどと同じように、Bが上になるように交差させ、BをAに巻くように下からひもを通します。

同様にBを2回通します。

結び目がくずれないように整えつつ、AとBを左右にひっぱり締めます。

ひもの位置を調整し、裏返してこま結びをしたら完成です。

完成例
完成例

※動画にてご確認頂けます。

リボンの結び方1

右側のリボンを上にして結びます。

左右のリボンで、それぞれ輪をつくります。

右の輪に左の輪をかぶせます。

かぶせた輪をそのまま下にくぐらせて、輪同士を結びます。

左側のたれを後ろから上へ回します。
その時右手でリボンが崩れないよう、しっかり押さえておきます。

上から回したたれを下へ持っていきます。

図の様に親指を左右の輪に入れ、輪の下側を左右に引っ張る用にして、同時に垂れも引きながら左右のバランスをとってぎゅっと締めます。
形を整えて完成です。

完成例 完成例

※動画にてご確認頂けます。

リボンの結び方2

step1-4
  • step1リボン(ひも)を二つ折りにしてカードにかけます。
    ※このとき外側のひもを長めにとるのがポイントです。
  • step2内側のリボンを軽くこま結びにし、リボンの端を引いてしっかりと結びます。
  • step3結んだリボンの下になっている方を持ち、冊子の背側にあるリボンにくぐらせます。
  • step43でできた輪っかに、リボンを通してしっかりと結びます。
step5
  • step5最後にリボンの長さを調整して、完成です。
    ※できた結び目は動かすことができるため、長さ調整が自由にできます。
完成例 完成例

※動画にてご確認頂けます。

リボンの結び方(華結)

step1-4
  • step11.図のように、商品の後ろにひもを配置します。
    ※以降、右先端をA、左先端をBとします。
    ※識別しやすいよう、AとBでひもの色を変えて説明致します。
  • step22.AとBを、Bが上になるように交差させた後、Aはそのまま下へ、Bは更にAに潜らせて上へ引きます。
  • step33.Bを時計回りに一周させ、輪を作ります。(先端が上になるように重ねます。)
  • step44.Bの輪の根元を縛るように、更にAで輪を作ります。(先端が下になるように通します。)
step5-8
  • step55.そのままAをB同様、左方へ引き出します。
  • step66.ひもの輪の大きさや結び目を整え、全体を引き締めます。
  • step77.A・Bともに、紙を縛っているひもの下に潜らせます。
  • step88.完成!
完成例
完成例

※動画にてご確認頂けます。

タグ・リボンの結び方(フランソワ)

step1-4
  • step1中紙を台紙にセットして、台紙にリボンを通し、中を通っているリボンをタグに通します。
  • step2タグが通っている方のリボンを外側のリボンに巻き付け輪っかを作ります。
  • step32でできた輪っかにリボンを通してしっかりと結びます。
  • step4結んだリボンの上になっている方を持ち、冊子の背側にあるリボンにくぐらせて輪っかを作ります。
step5-6
  • step54で出来た輪っかにリボンを通してしっかりと結びます。
  • step6最後にリボンの長さを調整して、完成です。
    ※できた結び目は動かすことができるため、長さ調整が自由にできます。
完成例
完成例

※動画にてご確認頂けます。